まさか、この歳で?若くても白内障になる原因に迫る!

フェムトセカンドレーザー 白内障手術

物がかすんで見えたり、光をまぶしく感じたり。このような目の症状はありませんか?心当たりのある方は、もしかしたら、白内障かもしれません。白内障と言えば、高齢の人がなる目の病気というイメージがあるかと思いますが、最近では年齢が若くても白内障になる人が増えています。

白内障とはどんな病気?

白内障とは、目の水晶体が白く濁り、見え方に影響が出てくる病気です。加齢性白内障と若年性白内障があり、どちらも以下のような症状が現れます。

・物がかすんで見える
・光がまぶしい
・夜間、車のヘッドライトなどがまぶしい
・物が二重三重に見える
・薄暗い場所で細かい文字が見えづらい
・目が疲れやすい
・視力の低下

目はカメラと同じような構造になっていて、黒目の部分と水晶体の部分がカメラで言えばレンズに該当します。通常は、黒目の部分から光が入り、ピントが網膜に合うとその情報が神経に伝わって脳に伝達されます。

しかし、白内障になると水晶体が白く混濁するので、目の中に光が入りにくくなったり、濁りによって光が散乱を起こして見え方に異常がでてくるのです。

加齢性白内障について

一般的な白内障はこのタイプです。

加齢と共に発症率が高くなり、60代では約60~80%が、80代以上になると100%の人が白内障を発症します。でも、80歳以上の人が全員見え方に異常が出て手術が必要になるのかと言えばそうではなく、そこは個人差があります。

若年性白内障について

30代や40代の若さでも発症する白内障がこのタイプです。

・アトピー性皮膚炎を患っている
・糖尿病を患っている
・目に外傷を負った経験がある
・長く他の目の病気を患っていたことがある
・長くステロイド薬を使用していたことがある
・先天性(風疹の子宮内感染)

このように、上記の理由が原因で若くしても白内障になることがあります。

白内障は予防できるの?

「80歳以上の人が100%の確率で白内障になる」なんて言われたら、加齢には逆らえない・・・なんて諦めてしまいそうになりますが、白内障の進行を遅らせることはできます。また特に、若年性白内障の場合は原因がハッキリしているので、それらに対して予防策を取ることができます。

①生活習慣病に気を付ける

若いうちから糖尿病になると、合併症の白内障になる可能性が高くなります。”白内障になるから”ではなく、糖尿病にならないよう、日頃から食生活に注意し、適度な運動を心掛けるようにしましょう。

②ビタミンを積極的に摂取する

目にはもともと水晶体についたタンパク質の酸化を抑制するビタミンCが豊富に存在します。加齢と共にビタミンCが減っていき、タンパク質の酸化抑制が妨げられ、水晶体が白く濁っていきます。

ということは、抗酸化作用のあるビタミンB2・C・Eを積極的に摂取して、タンパク質の酸化抑制の手助けをすることで、水晶体の白濁を予防することができます。

③アントシアニンを含む食品を摂取する

「アントシアニンは目にいい」というのはよく耳にしますよね。長時間のデスクワークなどで目を酷使する人や、疲れ目になりやすい人にお勧めのアントシアニン。

アントシアニンは抗酸化物質のポリフェノールの一種で、目の網膜にある細胞を活性化させる働きがあります。網膜は見えているものを映し出し、脳へと伝達する大切な場所。疲れ目だけでなく、白内障の予防にも効果が期待できると言われています。

アントシアニンが含まれる食品は、ブルーベリー・ナス・紫芋・紫キャベツなどのように紫色したものに多く含まれています。

④紫外線を避ける

紫外線を浴びすぎると、皮膚がんやシミやシワの原因になることは知られていますが、実は白内障にも関係があると言われています。紫外線が強い時期に外出する際は、帽子とサングラスのダブルガードがオススメです。サングラスだけでは、どうしても目との間に隙間ができるので、ツバの広い帽子を被ることで、より紫外線から目を守れます。

意外と盲点なのが、家事の洗濯。例えば、4人家族の洗濯物を外に干そうとすると、案外時間がかかるもの。ベランダで直射日光に当たっていなくても紫外線量は相当です。出来れば、洗濯物を干す時も、外出時同様の紫外線対策を取りたいですね。

白内障が進行した場合、こんな手術が行われます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る