白内障眼内レンズ、単焦点or多焦点の選び方

白内障 眼内レンズの選び方

白内障と診断されたら、早期のうちは点眼薬で進行を遅らせることができますが、進行すると眼内レンズを挿入する手術をすることになります。その眼内レンズには種類があり、自分にはどのレンズが合っているのか、どのレンズを選べばいいのか選択に悩むことがあります。

白内障の手術ってどんなの?

白内障とは、目の水晶体が加齢などにより少しずつ白く濁っていき、物がかすんで見えたり、二重三重に見えたりと、見え方に異常が出てくる病気です。

<参照:白内障の原因・症状について>

症状が酷くなってくると物が見えづらくなるので、眼内レンズを目の中に入れる手術が行われます。小さな傷口を作り、そこから機械を目の中に挿入して、濁っている水晶体を取り除きます。その後に、アクリル素材で出来ている眼内レンズを水晶体の代わりに挿入する手術です。

眼内レンズには2つの種類がある

単焦点眼内レンズ

焦点が一つのレンズで、30~40㎝の近距離に焦点が合うレンズ、50㎝~1mの中距離に焦点が合うレンズ、2mの遠距離に焦点が合うレンズの3種類があります。

どの辺の距離にピントを合わせたいか、自分の生活スタイルによって度数を選びます。

例えば、編み物などが趣味で手元作業の多い人の場合は、近距離の眼内レンズを選択し、遠くを見る場合は眼鏡で矯正します。タクシードライバーなど遠くを見ることが多い人の場合は、遠距離の眼内レンズを選択し、近くを見るときは眼鏡で矯正します。

このように、「近くが見える」「遠くが見える」を選択し、それ以外の距離の見えづらさは、従来通り眼鏡で矯正することになります。

最後に残った中距離レンズがオススメなのは、家で料理や洗濯など家事をする時間が多い方などです。近すぎず遠すぎない距離で、家の中で用事をする時間が多い人は中距離レンズを選択し、近く遠くは眼鏡で矯正をします。

単焦点眼内レンズは保険治療で、片目で6~8万円ほど手術費用がかかります。

多焦点眼内レンズ

焦点が複数あるレンズで、近距離から遠距離にピントが合います。レンズの種類によっては、近距離と遠方に焦点が合いやすいもの、中距離と遠方に焦点が合いやすいものがあり、ご自身の生活に合わせて選ぶことになります。単焦点レンズは眼鏡の併用が必須でしたが、多焦点レンズの場合は、おおかた眼鏡なしで生活できるようになります。

眼鏡要らず!となれば単焦点よりも多焦点の方が一見良さそうに思えますが、デメリットもあります。

・見え方の質が落ちる
・ピントがあいまい
・薄暗い場所で文字が見えにくい
・馴染まない人がいる
・費用が高い
・夜間のヘッドライトやネオンが眩しい
・夜間の運転に不向き

補足すると、単焦点のように「ズバリココ!」とピントが合うものではないので、人によっては見え方に”あいまいさ”を感じることがあります。

また、網膜に”近距離のもの”と”遠距離のもの”の両方が映し出され、脳でどっちのものを見たいのかを判断するのだけども、それに順応できない人は、手術しても二重に見えたり、かすんで見えたりと多焦点レンズに慣れない人もいます。

そして、気になる手術費用ですが、多焦点は先進医療になるので保険適応外になります。片目で約30~40万円の費用がかかります。

多焦点眼内レンズは費用がかなりかかるので、費用面で選ぶなら単焦点眼内レンズですね。単焦点を選んだとしても、3種類から更に選ばなければならないので、生活の中で何を一番重視したいのかをまず考えて、そこからレンズを選択していくのが良いと思います。それでもレンズを決めづらい時は、遠慮なく担当医師に相談されるのがいいと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る