夜、寝ている間に近視が治る?最新治療オサートとは

オサート 視力回復

視力が悪い人は、眼鏡やコンタクトで視力を矯正します。一度悪くなった視力は元には戻らず、死ぬまで眼鏡やコンタクトのお世話にならなくてはいけません。慣れてしまえばそれが体の一部になってしまうのですが、最新のある治療法を用いれば、裸眼で普通に生活できるようになります。そのある治療法というのが、寝ている間に近視が回復するオサートというコンタクトレンズです。

最新の視力回復治療法

オサートで視力回復

オサートとは、寝ている間に着用して近視を回復させるハードコンタクトレンズです。夜、オサートを装着して眠り、朝外すだけ。これを毎日繰り返すことで視力を回復させるという治療法です。

近視回復のメカニズム

本来、目は網膜のところで焦点が合うことで物が見えるようになります。しかし、近視の人は焦点の合う位置が網膜よりも手前、遠視の人は焦点の合う位置が網膜より奥にピントが合う為、遠くや近くの物が見えにくくなります。

ということは、網膜に焦点が合いさえすれば、物が正常に見えるようになるということ。

眼鏡やコンタクトレンズは、焦点の位置を矯正して物が見えるようにしますが、オサートは角膜の形を眼鏡のような形に変えていくレンズになります。

寝ている間に角膜を矯正

通常のコンタクトレンズは、角膜の形に添ったカーブをしています。ところが、オサートレンズは角膜に当たる部分に添うような凹みがほとんどなく、角膜を押すような形になっています。

このレンズを夜寝るときに付けることで、角膜が押されて凹みます。すると、角膜が眼鏡のレンズのような形になり、裸眼でも眼鏡をかけているような状態の角膜に矯正するのです。

どのぐらい視力が回復するのか

個人差はありますが、治療例を挙げると、

0.06→2~3か月で0.7まで回復
0.08→2~3か月で1.2まで回復

視力を回復させる手術としてレーシックがありますが、オサートはコンタクトを付けるだけで視力が回復するので夢のような話です。レンズの凸凹を変えるだけで、遠視や老眼にも対応できます。

オサートのデメリット

ただ、良い話しばかりではありません。
オサートはハードコンタクトレンズなので、もともとコンタクトレンズが持っている危険性はあります。

・医師の指導を無視した長時間の装用
・不衛生なレンズの扱い
・感染症のリスク

これらの注意事項は通常のコンタクトでもオサートでも同じです。

また、オサートレンズを装用しなければ、視力が徐々に元に戻る可能性があるので、ずっと夜に装用していかなければならないのか、ある一定期間装用していればオサートを使わなくても視力を維持できるのかなどは、まだまだ未知な部分となります。

そして、最大の難関は費用です。オサートレンズは保険適用外の治療の為、レンズは両目で40万円前後もかかります。

高いな~と思うのですが、オサートで矯正した角膜が元に戻らず維持できるのであれば、選択肢の中に入ってくるのかな?と感じます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る